ホーム > 作り手紹介 > 太田裕介

作り手紹介 -うれしの紅茶振興協議会員紹介-

[会長] 太田 裕介 佐賀緑健有限会社

■ こだわり

約300aの全園では、化学農薬を一切使わずに栽培しています。

1番茶を緑茶(蒸し、釜炒り)に加工し、2番茶3番茶を紅茶、秋冬番茶をほうじ茶原料に加工しています。
いずれも嬉野茶独特のくるんと丸まった形状のお茶で(番茶は伸び)粉が少なくスッキリとして飲みやすく、爽やかな香りが特長です。

伝統と革新、懐かしさと新しさを常に念頭に置きながら、栽培、製造しています。

■ 紅茶の特徴

無農薬栽培の2番茶の茶葉を摘み取り、摘採後約1日間寝かせ、十分に萎凋した茶葉を丁寧に揉み、発酵、乾燥しています。
栽培している10品種全てを紅茶に加工し、この中から7品種をブレンドしています。

優しい香りとほのかな甘み、深い味わいが特徴です。

 
美味しい、香り高い紅茶づくりのため日々努力しています!
作り手写真:太田 裕介
作り手プロフィール:

平成4年3月タキイ研究農場付属園芸専門学校卒業、同4月就農。
昭和60年ごろお客様からの「国産の美味しい紅茶が飲みたい」という要望を受け、父 太田 重喜が手さぐりで紅茶の生産を始める。
平成元年に商品化。細々と販売を続けるが、平成16年に在庫過多となり1年間生産を休止。しかし、その翌年から紅茶の売り上げが急増。緑茶のサービス品の位置付から一転、主力商品となる。
平成24年から紅茶専用工場を操業開始し現在に至る。

■ 紅茶紹介

うれしの紅茶(リーフタイプ)
特徴 うれしの紅茶:太田祐介 レーダーチャート:うれしの紅茶太田祐介
渋みが少なく、自然な甘さと香り・色が特長です。
化学合成された農薬を一切使わずに栽培されており、 残留農薬の心配のない、安全な茶葉を紅茶に加工しています。
商品詳細
価 格 :756円(税込)
内容量 :80g
原材料名 :紅茶(佐賀県産)
賞味期限 :商品枠外下部に記載
保存方法 :高温・多湿を避け移り香にご注意ください
おすすめ
和菓子



→お求めは太田重喜製茶工場から

■ 紅茶を味わおう

販売店:
東京都 ザ・ガーデン自由が丘
山口県 山口市 秋川牧園
福岡県 福岡市 火の茶房ほうじ屋
佐賀県 嬉野市 旅館大正屋、椎葉山荘、大村屋、ホテル桜、お茶の山下園(湯野田店)、小野原商店など
佐賀市 紅茶専門店紅葉、古川商店
唐津市 めぐみの里
鹿島市 ナチュル
鳥栖市 スイーツショップタカ
長崎県 佐世保市 ベジライフ
紅茶が飲めるお店:
東京都 虎屋菓寮(東京ミッドタウン店、帝国ホテル店)
福岡県 春日市 café Hachi
佐賀県 嬉野市 ハミルトン宇礼志野
オンラインショップ:
太田重喜製茶工場

■ 会社情報・所在地

佐賀緑健 有限会社
佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲938番地
TEL:0954-42-3110
FAX:0954-42-3110
メール:sagaryo@mocha.ocn.ne.jp
WEBサイト:http://www.sagaryo.co.jp/

↑ページの先頭に戻る